• ホーム
  • 値上げはチャンピックスを使って禁煙をする意義になる

値上げはチャンピックスを使って禁煙をする意義になる

たばこを吸うことによる健康被害は知られていますので、禁煙する意義として肺がんなどのリスクを軽減できる点があります。
また、たばこの値上げをきっかけとして、経済的な側面からも禁煙する意義があると言えますので、たばこを止めたいと考えている人も増えています。
たばこを止める方法としては、医療機関で行える治療法も確立されており、禁煙補助剤のチャンピックスを服用することになります。
チャンピックスは、ニコチン受容体のパーシャルアゴニストに分類される医薬品となります。
たばこは習慣性があり、喫煙を繰り返すことによって禁煙が難しくなる特徴があります。
禁煙を始めてから時間が経過することで、たばこへの切望感が高まって再び喫煙をしてしまいます。
この原因はたばこに含まれているニコチンにあり、ニコチンは脳内の受容体と結合することで、神経伝達物質として知られているドパミンを放出します。
ドパミンは快楽物質とも呼ばれており、幸福感を得ることができるためにたばこを止めにくくする要因となります。
何度も喫煙をすることで、ドパミンの耐性が築かれることで、禁煙したときに切望感や離脱症状が現れることで禁煙できなくなります。
チャンピックスはニコチン受容体に対するパーシャルアゴニストとなることで、受容体を微量に活性化させることができます。
通常の医薬品では受容体を完全に活性化させるか、完全に阻害するかのどちらかとなりますが、パーシャルアゴニストは中途半端に受容体を活性化させる作用がある点が特徴です。
禁煙するために受容体を完全に阻害すると離脱症状が現れてしまいますので、パーシャルアゴニストを利用することでニコチン受容体を少しだけ活性化させて、刺激することでドパミンを微量に放出させます。
この作用によって、禁煙を継続しても切望感や離脱症状を軽減できるようになります。

関連記事