タバコと灰皿

チャンピックスは医療用医薬品に分類されるため、医師の処方箋なしに購入することはできません。
そのため、ドラッグストアなどに行っても販売はされておらず、必ず医師の診察を受ける必要があります。
禁煙外来に行って治療を受けることになりますが、この際に健康保険が適用できるかどうかが問題となります。
健康保険が使用できると全ての治療費が3割負担で済むようになるため、3ヶ月の治療期間でもかなりの金額を軽減できます。
禁煙外来で必要となる費用は診察料が7,000~8,000円、ニコチン依存症管理料が9,000~10,000円、処方箋料が2,500~4,000円、チャンピックス代が45,000円前後です。
治療期間は3ヶ月でトータルとして自由診療を受けた場合は63,500~67,000円、治療費が必要ということになります。
これを健康保険で3割負担とした場合は19,050~20,100円で済むため、少しでも安くする場合には健康保険が使用できる病院に通った方が良いでしょう。
ただし、健康保険が使用できるのは1年に1度のみで、もしも禁煙に失敗して再び禁煙外来に受診しても、最初の診察日から丸1年間は保険が適用されないため注意が必要です。
また、チャンピックスを購入する方法は国内では病院からの処方だけですが、海外から個人輸入することは可能です。
個人輸入によるチャンピックスはスターターパックを含めて1ヶ月分で9,000円前後となっているため、3ヶ月分を購入しても27,000円程度で済みます。
健康保険が適用されなかった場合は、6万円を超える費用が必要になりますが、個人輸入を利用して自分1人で治療を続けて行く気力さえあれば、3万円を切る金額でも禁煙をすることができます。
経済的にも健康的にも禁煙はメリットがある効果しかないのでチャンピックスを使ってニコチン離れを目指しましょう。

記事一覧
タバコと灰皿

40代になると、健康診断で高血圧や糖尿病、高脂血症などの生活習慣病を指摘され、病院に行くことを勧めら...

タバコを吸う男性

煙草の火の温度は800度などと言われていますが、路上喫煙をすることで煙草の火が小さな子供の顔や腕など...

禁煙表示

チャンピックスは通常は禁煙外来を行っている病院に行って処方して貰いますが、病院へ行かなくてもネット通...

タバコを吸っている男性

禁煙をするのは病院に行かなくてもタバコを吸うのをやめてしまえば良いのですが、タバコに含まれるニコチン...